高血圧 解説

高血圧

【こうけつあつ】

スポンサーリンク
高血圧とは?
血圧は、心臓が血液を押し出す時に最も高くなり(最大血圧・収縮期血圧)、血液が心臓に入って拡張した時には最も低くなります(最小血圧・拡張期血圧)。
WHO(世界保健機関)の定義によれば、正常な血圧とは最高血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHg未満。
高血圧は、最高血圧が160mmHg以上、最小血圧が95mmHg以上で、正常血圧と高血圧の間を境界域高血圧と呼んでいます。
高血圧は、そのまま放っておくと動脈硬化から心不全や心筋梗塞、腎不全を、細血管障害からの脳出血などの循環器系の命にかかわる病気を引き起こす危険因子です。

スポンサーリンク
主な症状
自覚症状のない場合が多いです。
頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸などを訴える人もいます。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。