子宮体がん 解説

子宮体がん

【しきゅうたいがん】

スポンサーリンク
子宮体がんとは?
子宮体部から発生するがんです。
未婚または不妊症の人、月経異常の経験をした人に多く、卵巣ホルモンの失調が関係していると考えられています。
また、糖尿病、高血圧、肥満の人にも多いです。
50から60歳頃に発生しやすいです。

スポンサーリンク
主な症状
ほとんどの子宮体がんで不正性器出血(月経以外の出血)がみられます。
しかし、がん病巣からの出血を「不順な月経」と誤解していることもあり、注意が必要です。
そのほか、漿液性帯下(しょうえきせいたいげ)(水っぽいおりもの)、血性(けっせい)帯下(血液の混じったおりもの)や下腹部痛がみられることもあります。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。