絨毛がん 解説

絨毛がん

【じゅうもうがん】

スポンサーリンク
絨毛がんとは?
胎盤の組織の絨毛上皮細胞におけるがんです。
子宮の筋層に進入し、出血させ、組織を壊していきます。

スポンサーリンク
主な症状
胞状奇胎治療後に定期検診を受けている場合は無症状の段階で発見できます。
自覚症状としては不正性器出血や帯下の増量がみられます。
子宮、卵巣の腫大や腹腔内出血による下腹部痛が起こることもあります。
妊娠悪阻(にんしんおそ)(つわり)が生じることもあります。
肺への転移により、胸痛、咳(せき)、血痰(けったん)、呼吸困難が起こる場合もあります。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。