食道がん 解説

食道がん

【しょくどうがん】

スポンサーリンク
食道がんとは?
食道内腔の粘膜上皮から発生するがんです。
発がん年齢は、30〜80歳代、60歳代が最も多く、男性が女性の4〜5倍多くみられます。
発がん要因は、現在のところ、タバコやアルコールなどの環境の刺激因子によるものが大きいと考えられています。

スポンサーリンク
主な症状
初期には自覚症状はあまりみられず、進行すると、飲み込みにくさ、つかえる感じ、しみる感じ、胸骨の後ろ側が痛むなどの症状が出てきます。
がんの進行は、粘膜上皮から、粘膜内、筋層、外膜へと進んでいき、リンパ節や臓器に転移をおこします。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。