前立腺がん 解説

前立腺がん

【ぜんりつせんがん】

スポンサーリンク
前立腺がんとは?
前立腺がんは男性の中高年に多く、食生活の欧米化および高齢化が進むにつれて急速に増えています。
初期には自覚症状がほとんどなく、排尿障害などが現れるのは、ある程度がんが進行してからになります。
骨など体の各部位に転移しやすい性質をもっているので、一定年齢にさしかかった男性は定期的な検査を受けることが大切です。

スポンサーリンク
主な症状
がんがかなり大きくなるか尿道周囲にあると、尿道が圧迫されさまざまな症状がでてきます。
尿が出にくくなる排尿困難(時間がかかる)、尿の回数が多い頻尿(特に夜間)、排尿後も残った感じがする残尿感などのほか、下腹部に不快感を感じたりすることがあります。
進行すると、血尿、排尿痛、背中や腰の痛みなどの症状もみられます。
しかし、似たような症状は前立腺肥大症でもみられますので、心配しすぎず医師の診断を受けてくださいです。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。