胃がん 解説

胃がん

【いがん】

スポンサーリンク
胃がんとは?
日本人に多く見られる胃がんは、早期発見でほとんど治すことができるようになってきました。
検査法・治療法が飛躍的に向上したことにより、定期的に検診を受け適切な処置をすれば、過度に怖れる病気ではありません。
とはいうものの、食べ物や嗜好品、ストレスなど、毎日の生活と密接な関係があり、食生活の見直しを中心にした胃をいたわる心がけが大切です。

スポンサーリンク
主な症状
胃がんに、とくべつな自覚症状はありません。
早期胃がんの多くは、ほとんど症状がなく、一般には上腹部痛、腹部膨満感、食欲不振を契機に、X線や内視鏡の検査で偶然に発見されます。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。