肺がん 解説

肺がん

【はいがん】

スポンサーリンク
肺がんとは?
肺に出来る、もしくは肺に転移したがんの総称。扁平上皮がん、腺がん、大細胞がん、小細胞肺がんに分類されます。
喫煙との関連が強く指摘されており、高齢者を中心に死亡率はがんの中で最も多いです。
その他に、最近注目の高まっているアスベストを始め、クロム、ニッケルなどの職業性被爆、大気汚染、結核などの肺病の経験などの発症への関与が指摘されています。
早期発見の場合は、外科手術による切除で治癒する確率は高いですが、進行すると治癒は困難になります。

スポンサーリンク
主な症状
せき、呼吸困難、血痰、胸痛、疲労感などの症状を伴います。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。