デング熱 解説

デング熱

【でんぐねつ】

スポンサーリンク
デング熱とは?
デング熱とは、熱性疾患であり、稀であるが生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血を引き起こす場合がある。 人間同士の直接感染は起こらない、蚊などの媒介生物を通して感染が起こる。

スポンサーリンク
主な症状
デング熱の主な症状は、突然の発熱、頭痛(一般的に目の奥の痛み)、筋肉や関節の痛み、発疹である。 発熱期は、40℃以上の高熱が出ることがよくあり、全身の痛みや頭痛を伴う。

治療法は特に見つかってないが、病院などに行って点滴を受ける事が必要な場合がある、 危険な病気ではあるが、ほとんどの場合、問題なく順調に回復する。
治療せずに死亡に至る割合は1〜5%で、適切な治療を行えば、その割合は1%を下回る。

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。