こころの薬ガイド(50音順)

精神科の医師が処方する、こころの病気のつらい症状を改善してくれるくすりを50音順に紹介しています。
スポンサーリンク

アタラックス(神経系用剤)
アタラックス-P(神経系用剤)
アナフラニール(神経系用剤)
アビリット(神経系用剤)
アモキサン(神経系用剤)
アモバン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
アンプリット(神経系用剤)
インプロメン(神経系用剤)
ウインタミン(神経系用剤)
エバミール(催眠鎮静剤、抗不安剤)
エミレース(神経系用剤)
エリスパン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
オーラップ(神経系用剤)
グラマリール(他の中枢神経系用薬)
グランダキシン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
クレミン(神経系用剤)
クロフェクトン(酸塩水和物 神経系用剤)
コンスタン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
コントミン(神経系用剤)
サイレース(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ジプレキサ(神経系用剤)
スルモンチール(神経系用剤)
セディール(催眠鎮静剤、抗不安剤)
セルシン
セレナール(催眠鎮静剤、抗不安剤)
セレニカR(抗てんかん剤)
セレネース(神経系用剤)
セロクエル(神経系用剤)
ソラナックス(催眠鎮静剤、抗不安剤)
テグレトール(抗てんかん剤)
テシプール(神経系用剤)
デジレル(神経系用剤)
テトラミド(神経系用剤)
デパケン(抗てんかん剤)
デパス(神経系用剤)
デフェクトン(神経系用剤)
デプロメール(神経系用剤)
ドグマチール(消化性潰瘍用剤)
トフラニール(神経系用剤)
ドラール(催眠鎮静剤、抗不安剤)
トリプタノール(神経系用剤)
トレドミン(神経系用剤)
ニューレプチル(神経系用剤)
パキシル(神経系用剤)
バランス(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ハルシオン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
バルネチール(神経系用剤)
ピーゼットシー(神経系用剤)
ヒルナミン(神経系用剤)
プロチアデン(神経系用剤)
ベゲタミンA/B
ベンザリン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ホーリット(神経系用剤)
マイスリー(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ミラドール(神経系用剤)
メイラックス(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ユーロジン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
リーゼ(神経系用剤)
リーマス(神経系用剤)
リスパダール(神経系用剤)
リスミー(催眠鎮静剤、抗不安剤)
リタリン(神経系用剤)
リボトリール(抗てんかん剤)
ルーラン(神経系用剤)
ルジオミール(神経系用剤)
ルボックス(神経系用剤)
レキソタン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
レスリン(神経系用剤)
レボトミン(神経系用剤)
レンドルミン(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ロドピン(神経系用剤)
ロヒプノール(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ロラメット(催眠鎮静剤、抗不安剤)
ワイパックス(催眠鎮静剤、抗不安剤)

スポンサーリンク

症状から調べる、こころとからだの病気ガイドでは、こころとからだの症状から見て、疑いのある病気を紹介しています。 からだの病気もこころの病気も早期発見、早期治療が完治への近道です。
■注意事項
・少しでもこころやからだに異常や不安を感じたら、迷わず病院に行くことをオススメします。
・医薬品は、医師・薬剤師の指示に従い、個人の責任においてご使用ください。

トップへ戻る